自動車、整備工場の車検 | 車の種類

車の種類

車にはボディタイプがあり、それぞれに名前がついている。

外に出れば実に様々な自動車が公道を走っています。
乗用車でも2人乗りの車やら、5人乗りの車、荷物がたくさん入るような構造をしたや、悪路などに強い作りの車など、いろんなボディタイプがありますが、それらには名前が付いており大きく判別できるようになっています。

ここではそのボディタイプと呼び方、特徴などについて紹介していきます。

セダン

車の中で一番基本的なタイプ。
4つのドアが付いているのが前提で前からエンジンルーム(ボンネット)、居住スペース(乗る所)、トランクルーム(荷物入れる所)の三つで構成されていて3BOXとも言われています。
分かりやすく言うと車と言うとおおよそ思い浮かべる形。
各メーカーの押しのタイプでもあり力を入れて作る車です。

乗り心地の良さや、性能の高さ、時代にそった優れたデザイン性など、最上級と言って差し支えない車がセダンです。

クーペ

4つのドアがついて5人乗りが基本的なセダンに対して、2つドアで基本的には2人乗りのスポーツカーよりの車。
2ドアで後部座席があるものもありますがセダンに比べて座席スペースは狭く、乗り心地はそれほどいいものではありません。

快適に車に乗るというよりも、運転自体が好きな人向けの車と言えるでしょう。

ハードトップ

窓枠の柱(いわゆるBピラー部分)をなくして前部座席と後部座席の境目をなくし開放感を出したデザインのセダン。
Bピラーをなくしたことにより横から衝突された時の耐久性が問題視されたこともありました。
そのため他の部分で耐久性を補強したので重量がかさむ、などの弊害も。

他の解決タイプとしてトヨタではBピラーを残してハードトップ風にしたピラード・ハードトップという車もありました。

ハッチバック(コンパクト)

全長が4メートルほどの大きさで、一番後ろのリアガラス窓がそのまま荷物を入れるスペースの扉として開閉できるスタイルの車です。
後部座席と荷物室が繋がっており、長い荷物なども収納可能となっています。

セダンはトランクとして座席とは完全に分かれています。

ミニバン

シートが3列まであり、6人以上.の乗車が可能なタイプの車。

居住スペースの室内空間が広く乗り心地を重要視して作られています。

ワンボックス

シートが3列まであり、ボンネットがなくエンジンは床下にあります。
そのため車の形が一つの箱のようになっておりワンボックスと呼ばれる所以となりました。
エンジンが下にあるので必然的に車高は高くなります。
エンジンルーム分のスペースがまるまる使用できるので収容力に優れており、たくさんの荷物を運ぶ時などに役に立ちます。

もちろんその分人を多く乗せることもできるので用途に合わせて使い分けができる便利な車です。

ステーションワゴン

基本的に2BOXの2列シート、車高が低い乗用車のことをいいます。

ワンボックスカーやミニバンなどとは違い車高が低い(高くない)のが特徴です。

SUV

SUV・・・スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略。意味はスポーツ用の多目的車。
どんな車かというと、ピックアップトラック(小さい乗用車トラック)の荷台にシェルと言われている外枠をつけたものや、悪路でも本格的な走行を可能とする四輪駆動車。

一般的にタイヤから車体は高めに離れています。

ミッドシップ

エンジンを前でも後ろでもなく車の中心付近に置いている構造をした車のことです。
エンジンは車の部品の中でも一番重い所。
そのエンジンが真ん中にくることによって重心が限りなく中心にあるので走行時の車体のブレなどを抑え安定させます。
そのかわり室内のスペースがエンジンの餌食になり快適な空間ではなくなります。

よって乗用車ではあまり採用されることはなくF1などレースに使用される車に多く採用されることとなります。

オープンカー

屋根がない車のことです。

屋根はあるけれど、開放させることも可能な車もオープンカーと呼びます。

ハイブリッド

ガソリンと電気を組み合わせて走ることにより、従来のガソリンのみで走る車に比べて圧倒的な低燃費で走ることに成功した車。
日本のトヨタが世界で初めて量産型ハイブリッドを販売しました。
走行時の騒音も小さく、排気ガスも少ないのでエコカーとも呼ばれています。

関連ページ

自動車の車両規格
乗用車には排気量や車の大きさ(縦、横、高さ)によって大まかに軽自動車、小型車、普通車と規格が分けられています。 それにともないナンバープレートも軽自動車、小型車、普通車で違いがあります。 軽自動車ではナンバープレートが黄色背景に黒文字のもの。 小型車は白色背景に緑文字のもので右上の3桁の数字の一番最初が5か7で始まっているもの。 5ナンバーと呼ばれています。 普通車は白色背景に緑文字のもので右上の3桁の数字の一番最初が3で始まっているもの。 3ナンバーと呼ばれています。 車両規格の取り決めはゆるくはなく、排気量や車の全幅、全長、高さが全て範囲内でないといけません。 たとえば5ナンバーの車の排気量、全幅、全長に収まっている車だったとしても高さが超えてしまっていればその車は3ナンバー車として登録しなければならないのです。
ナンバープレートの種類
ナンバープレートって普段何気なく目に映っているものですよね。 正式名称は自動車登録番号標と言います。 特に意味もないような数字の羅列や、ぱっと見ただけではどういう意味なのかまったく理解できない単体でのひらがな、それらにはちゃんとした意味があります。 もともとはアメリカでまだ車ではなく馬車の時代に「この馬車の持ち主は誰?」という問題から発生したと言われています。 そんなナンバープレートは現在の日本では日本全国に何千万と存在する車を識別、証明、管理するために必要とされています。
外観(エクステリア)の各パーツの名称・役割
エクステリアとは元々は英語で「exterior」・・・住居の外観や外壁を意味する言葉ですが、車の場合も主に外観、外から見えるもののことを指します。 ここではエクステリアの各パーツの名称・役割について説明していきます。
内装各部分の名称・役割
各部品の名称や役割など、車の基礎的な知識を知るだけでも車に対する感じ方は大きく変わってきます。車の雑誌などでは普通に使われている用語も初心者からするとインパネ???ステアリングホイール??となっても不思議じゃありません。 ここでは基本的な内装(インテリア)の名称、役割について紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ