自動車、整備工場の車検 | 整備工場の月の車検数

整備工場の月にこなす車検数は?

整備工場 | 月にこなす車検数は?

店の規模によって、車の置ける台数が違うので、店によって違うと思います。
まずスピード車検などではない限り一日一台の車検をこなすのすらおそらく厳しいです。

指定工場ではない限り整備した車を車検場にもっていく時間などもいります。

たとえば一人で実務をこなす場合は大体お客さんが車を工場にもってきて、見積もりして、整備して、車検場にもっていきます。およそ何もトラブルなくて2~3日くらいかかります。
なので一週間に2~3台。

基本的に整備工場などは日曜休みのところが多いです。土曜も早く終わったり。なので週5~6日くらいの実働ですね。

店の規模によって、車の置ける台数が違うので、店によって違うと思いますが、たとえば1人で回していて店に車を置いておけるスペースがない店だと10台前後ですかね。

思ってたより少ないと思いましたか?

もちろん従業員が10人以上いるような大きい整備工場などはその規模や作業効率も考えて5倍10倍にもなりますが、基本的に一人が月にできる車検台数は10前後くらいでしょう。
そして2日かけてスムーズに車検が通るところまでいったとしても、お客さんが工場まで車を取りに来るまでが整備工場の仕事なので、その間も車を工場に置いておかなければなりません。

おそらく車を置いて置けるスペースが1台しかない整備工場は少ないと思いますが、それでもあまり長いあいだ車を工場に置いておくことは工場側からするとなるべくしたくないことですよね。

お客さんが車のパーツを持ち込みしてくる場合もあるのですが、そのパーツがもしも間違っていた場合なんかも、正しいパーツが届くまでの間工場に車を置いておかないといけないとなるととてももったいないです。

割と新しいパーツなどですとけっこうすぐに手に入るのですが、古いパーツとか珍しいものになるとそれこそ1週間以上かかったりします。

すぐには直せない状態jになるのでさすがにずっと工場に置いておくわけにも行きません。

まあその場合は今日はここまでといってパーツが届くまで車と一緒に帰ってもらう場合もあります。

関連ページ

悪い車検業者って多いの?
車検に限って言えば、今回は直さなくても通っちゃう部分とかってあります。 たとえばブレーキパッドが少し減ってるけど、今回の車検にはまだ大丈夫だから取り替えないねっていう感じの。 それを正しく行えば、手を付けていない(直していない)ので料金はかからずにお客さんも嬉しい場合がありますよね。 でも悪い業者だったりすると、「取り替えましたよ!」って言っておいて実は取り替えてなかったっていうのがあります。 車の部分によっては割とわかりにくい部分があって、そういう悪いことをするのが可能です。
整備士ってどんな資格がいるの?
整備士には資格があります。 これから整備士の仕事をしたいと思っている人は整備士の資格を取得していかなければなりません。 最初の資格は3級から。 しかし3級といってもすぐに取得できるというものでもないんです。 整備士の資格はまず、普通の高校卒業しただけの方だと3級受ける資格を得るのに、整備工場などで1年は働かないといけません。 それ以外ですと専門の教育機関に通わないといけません。 高校の機械科を修めて卒業すると6ヶ月間の実務経験で良くなって、自動車科を修めて卒業するとそのまま受験することができます。
整備工場って儲かってる?
代行料というのは整備の部分ではなく、整備が終わった車を車検場まで持って行って代わりに車検を受けることに支払われる料金です。 この代金が主な儲けの部分とも言えます。その日の日給にも当たるイメージです。 削れる部分(安くできる)もここからがほとんどです。 たとえば車検紹介サイトなどで車検基本料と言われている料金は代行料のことで、よく安い金額で宣伝されていますが、イコール代行料を削っている(削られている)という事です。
自動車にかかる税金について
自動車にかかる税金は思いのほか多くあります。 自動車税、重量税、購入した時の消費税、所得税などです。 自動車税は一年に一度支払いの義務があります。4月1日に課税されて納税通知書が届きます。支払い期限は基本的に5月31日までです。 この自動車税は車の排気量によって税金の金額が変化していきます。けっこう細かく排気量500ccずつ金額も上がって行きます。
自動車の税金が安くなる車と高くなる車
【自動車税】 自動車を所有する人に課せられる税。車検を受ける受けないにかかわらず支払う義務がある。 4月1日に課税され5月31日までに支払わなければならない。 排気量によって自動車税の税額は変わっていく。 適用期間 平成29年4月1日~平成31年3月31日、新車登録者を対象。購入の翌年度の一回だけ有効 【重量税】 車の重量にかかってくる税。車新規登録をした時とそれからの毎車検の時に年数分まとめて支払わなければならない。 車両の重さによって重量税の税額が変わっていく。 適用期間 平成29年5月1日~平成31年4月30日、新車登録かもしくは初回の継続車検を受ける場合で期間内に1回のみ

ホーム RSS購読 サイトマップ