自動車、整備工場の車検 | 任意保険

任意保険について

任意保険について|甘く見てはいけない任意保険の重要性

任意保険とは簡単に言うと絶対に入らなくても良いですが、入っておいたほうが良い保険です。

自賠責保険ではその車の持ち主と持ち主以外の人が運転していた場合はその人、以外の被害者に対して補償する保険です。

金額は死亡で3,000万円、傷害で120万円。

この額は実際だとかなり少なくて億を超える損害賠償なども十分あり得るので全然安心できないのです。

その最低限でしか補償してくれない自賠責保険の保障額を超えたものをしっかりとカバーしてくれるのが任意保険になります。

補償範囲について

保険には合計7つの補償範囲があります。

  • 対人保険
  • 対物保険
  • 車両保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害補償保険

おもに保険会社ではこれらの保険を組み合わせて契約をします。

対人の補償に関しては自賠責保険でも補償範囲になっており、自賠責保険では傷害に120万、死亡に3,000万までの最高限度額が決められています。

しかし任意保険では対人の補償限度額は無制限になっており、対物の補償に関しても無制限になります。

厳密には無制限に設定できる。であって1000万などに設定もできるのですが、事故を起こした場合損害額が数千万円以上になることもざらにありますので、基本的に無制限にする方がいいです。

そして自賠責保険では補償されていない自分自身の保障や自分の車への補償も任意保険では扱っています。

対人保険

被害者の身体に対する保険。
この保険に加入している人が起こした事故によって怪我をしたり死亡してしまった被害者に対しての損害賠償金を補償する保険です。

補償額は一般的には無制限です。自賠責保険で払いきれない損害賠償金になることが多いのでその分をカバーできるようになっています。

例えば

【死亡事故、賠償金額7,000万円】

7,000万円 - 自賠責保険 3,000万円(限度額) = 4,000万円

この4,000万円を対人の任意保険によって支払う。

気をつけるところとしては、この保険は対人保険ですので、自分が加害者であった場合の自分自身や同乗者、家族、運転していた人などは保険適用外になります。あくまで事故をして怪我をした相手側の被害者への保険になります。

対物保険

車やその他持ち物など被害者の持ち物や、周りの建物、ガードレールや電信柱、トラックなどとの事故の場合その中身などにも、被害を受けた物に対する幅広い補償範囲である保険。
自賠責保険ではそもそも対人への補償しかしていないので対物保険に入っていないと大変なことになります。
対物保険の補償金額も一応設定はできますが、無制限にしておいたほうがいいでしょう。
理由としてはまずそもそも限度額が無制限でも無制限じゃなくても保険の料金に大した差がないからです。年間数百円とかくらい。それでケチって事故を起こした時に上限を上回って最悪自己破産。
自分だけじゃなく被害者にもまともな賠償ができず。などになるとさすがに後悔しかないですからね。

限度額がわざわざあるのがいまいち不思議なくらいです。

車両保険

自分の車のための保険。
普通事故を起こした場合、相手に非があれば相手の保険から車の修理費等が出ますが、この保険は完全に自分が悪い場合。
たとえば後ろから停まっている車に突っ込んだ。など100%こちらの責任の場合はあちらからの保険は出ません。
そういった場合にこの車両保険は補償してくれます。

ほかにも、車の盗難。これも非常に多いケースです。こちらは完全な被害者ですが補償してくれる相手がいないので車両保険の出番になります。(車の中身は特約で保証されるものもあります。)

自損事故保険

自分のための保険。

車両保険と同じく、被害者には関係がなく、100%加害者の場合や、自分の車だけの事故・自爆などの自己責任での事故の場合に補償されます。

【補償金額】

死亡 1,500万円
後遺障害 50~2,000万円
入院・通院 入院1日6,000円/通院1日4,000円 (限度額100万円)

人身傷害補償保険と内容が被ることがあり、その場合は人身傷害補償保険から支払われるのが一般的です。

無保険車傷害保険

自分を守るための保険。
任意保険には加入した方がいいことは何度も説明していますが、強制保険と任意保険について未だに任意保険に加入していない車は10~20%、10台に1台から2台の割合でいるとされています。
そんな車と事故を起こしたときにこちらが被害者でも相手(加害者)が任意保険に加入していない場合、全然十分な保証が受けられません。よく考えるとけっこうな確率で怖いです。
そんな時にこの無保険車傷害保険の出番がきます。
もし加害者に十分な賠償能力がなくても泣き寝入りしないように、自分が加入している対人保険の同額または上限2億など、の補償が受けられるようになっています。

いざというときは自分の身は自分で守る、入っておいて損はない保険だと思います。

搭乗者傷害保険

契約している車に乗っている人全員が補償される保険。
事故の内容や、事故によって負傷した部位などによってあらかじめ補償金額が決められています。
この場合過失の割合によって補償金額も変化するということはありません。決められた金額がちゃんと出ます。
保険会社によって様々ですがたとえば腕の骨折で30万とか腱の断裂で100万など部位症状別に支払われます。
この場合治療の日数は関係ないので早く終わっても長くかかっても同じ金額が支払われます。
自爆などの単独事故でも補償されます。
車に乗ってドアを閉める時に指を挟んでしまった。なんてものでも補償対象ではありますが、車に乗っている状態での事故に関してです。車外での事故に関しては保証対象外です。

※搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険をダブルで契約することも可能で、その場合はどちらからも補償金が受け取れます。

人身傷害補償保険

搭乗者傷害保険と補償範囲は同じで、契約している車に乗っている人全員が補償される保険です。契約している本人とその家族は歩行中の交通事故などで死傷した場合も保険金が支払われます。
こちらも事故の過失の割合に関係なく支払われます。
人身傷害保険は部位別に金額が決められていたりはせず、限度額内で(無制限もある)被害総額がちゃんと支払われます。

搭乗者傷害保険では補償外である通院費や休業損害や葬祭の費用なども補償されます。

※搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険をダブルで契約することも可能で、その場合はどちらからも補償金が受け取れます。

関連ページ

強制保険と任意保険について
そもそも自動車保険とはなんでしょうか。 基本的に保険というものは、その保険に加入している人たちが少しずつお金を出し合って貯めていくことによって、偶然の不足の事態によって起きた事故でモノが壊れたり、怪我したり、死亡したりしたときに発生する多額の損害賠償など、自分一人では到底支払えない額をその時初めて補償してくれるものです。 ほかにも医療保険とか生命保険とか、病気した時の保険もありますが、今回は自動車保険の話。
自賠責保険(強制保険)について
自賠責保険とは簡単に言うと「他人のための保険」です。 というのも自賠責保険には自分の治療費や車のお金は一切保障されません。それに対物にもかかっていないので、完全に事故を起こして怪我や死亡させてしまった「人」に対して補償してくれる保険になります。
自賠責保険の慰謝料
自賠責保険の慰謝料基準とはいったいどういうことでしょうか? 自賠責保険は入通院慰謝料が1日4,200円と上限が決まっています。
自賠責保険の加入・更新について
自賠責保険は加入していないと50万の罰金や一発で免停などになります。自動車などは車検と同時に加入・更新をしてくれますが、原動付自転車や120~250ccのバイクなどは自分で更新しなければなりません。どこで加入・更新したほうがお得!などはありません。 自賠責保険はどこで加入・更新しても金額は同じです。 自賠責保険を扱うお店側も利益が出ないようにしなければならない決まりがあります
特約について
特約とは基本的な自動車保険の内容では補償しきれなかったり、内容的に抜けているところがあったりしている部分をカバーするためにオプションで追加したりするものです。対物賠償保険は補償額の上限が無制限などにも設定できますが、実は無制限でもその賠償するものの「時価」までしか賠償できないことは知ってましたか? 時価とは現時点でのその物の価格のことをいいます。 なのでクラシックカーなど、部品がもう作られていない車の修理などでは時価額を大きく超える修理費になることがあります。 その対物賠償保険では補償しきれない時価額を超えた補償をするのが対物超過補償特約です。 特約はオプションとして追加するものともとからセットでついているものがあります。
年齢条件特約 | 運転者限定特約について
年齢条件では運転者の年齢の設定を制限することによってその年齢に応じて保険料の割引率を変化させる制度です。 自動車保険は運転者の年齢によって事故のリスクが異なると言われており、運転者の年齢によって保険料の割引率を設定しています。運転者の年齢が若い人ほど事故のリスクは高いとされていますので割引率は低く、保険料は高くなります。
任意保険 | 等級について
毎年支払う自動車保険料、その料金を決める大きな要素の一つとして等級というものがあります。 まず最初に自動車保険に入ると等級が振り分けられます。毎年の保険料の判断材料の一つとして被保険者のステータスとなります。 等級というのはゲームのレベルみたいなものでレベルが高いほうが良いのと同じく、等級が上がれば上がるほど良いものになります。 なにが良いのかというと等級が上がっていくほど保険料がどんどん安くなっていきます。 等級は最高が20等級までなのですが、20等級までいくと保険料の割り引き率が63%までになります。
ファミリーバイク特約について
ファミリーバイク特約とは、自動車の任意保険に入っていれば付けられる特約で、バイクの排気量が125cc以下。原付や小型二輪(原付2種)などを乗った時の事故などを補償できる特約です。 ファミリーとついている通り、家族の誰かが自動車を持っていて任意保険にファミリーバイク特約をつけていたら、家族全員(運転できる人)がその特約の保険対象になります。 普段の任意保険などは自動車やバイク一台一台に保険をかけているものですが、このファミリーバイク特約はバイクではなく人(家族全員)にかける保険だというイメージだと分かりやすいです。 よって家族のだれでも、どのバイクを運転して事故を起こしても補償が受けられます。他人のバイクを借りて事故を起こした場合でも大丈夫です。
事故を起こしたときの対処法・流れ
万が一、事故を起こしてしまった場合の対処法や流れを知っておきましょう。 実際に事故を起こしてしまうとパニックになりやすいですが、頭に入っていることで少しでも冷静な対応ができるように。

ホーム RSS購読 サイトマップ