自動車、整備工場の車検 | 任意保険の等級

任意保険 | 等級について

自動車任意保険の等級とは?|等級で保険料が安くなる仕組み

毎年支払う自動車保険料、その料金を決める大きな要素の一つとして等級というものがあります。

まず最初に自動車保険に入ると等級が振り分けられます。毎年の保険料の判断材料の一つとして被保険者のステータスとなります。

等級というのはゲームのレベルみたいなものでレベルが高いほうが良いのと同じく、等級が上がれば上がるほど良いものになります。

なにが良いのかというと等級が上がっていくほど保険料がどんどん安くなっていきます。

等級は最高が20等級までなのですが、20等級までいくと保険料の割り引き率が63%までになります。

等級は1~20等級まで

上がれば上がるほどどんどん保険料が安くなっていく等級ですが上限があります。

等級は1~20等級まであり、20等級の保険料63%で最高等級。それ以上はありません。

等級

割引率

20

63%割引

19

55%割引

18

54%割引

17

53%割引

16

52%割引

15

51%割引

14

50%割引

13

49%割引

12

48%割引

11

47%割引

10

45%割引

43%割引

40%割引

30%割引

19%割引

13%割引

2%割引

12%割増

28%割増

64%割増

しかし20等級までいくのにはかなり大変な道のりをいかないといけません。

あとでも出てきますが逆に等級が下がってしまうこともあります。

表を見てもらえばわかるのですが、1~3等級は保険料が割増になります。

それだけではなく1等級までになると継続して契約をしてくれなかったり、新たな保険会社に契約を拒絶されることも多いです。

基本は6等級から

多くの人は新規で入る場合、基本6等級から始まります。

しかし7等級から始められる条件の人もいます。

【7等級から始められる条件】

  • 自分の車、配偶者、同居している親族が契約する自動車保険がある
  • 新しく契約する自動車保険の保険開始日に、1台目の自動車保険の等級が11等級以上である。
  • 1台目も2台目も自家用の自動車。

この全てを満たしていればセカンドカー割引といって7等級からスタートすることができます。

セカンドカー割引は保険会社によって多少異なる部分もありますので詳しいことは契約する保険会社にお聞きください。

等級の上がっていくシステム

新規で契約をして6等級からスタートをして、さあこれから保険料を安くしていくためにどんどん等級を上げていくぞ!と意気込んでも等級はすぐにあがるものではありません。

等級は1年間保険を使用しなければ1等級上がるというシステムになっています。

ここで注意して欲しいのは、1年間事故をしなければということではなく、1年間保険を使用しなければというところです。

もちろん事故をしなければ保険を使用することもないので(イタズラや盗難などを除く)それでも等級は上がるのですが、ぶっちゃけ事故をしても等級を上げることは可能です。

たとえば事故を起こしてしまったが、幸い損害金などが保険を使用せず実費での支払いでも大丈夫な範囲でした。

なので実費で支払い保険は使用せずにいれば、次の年に等級は上がり、保険料は安くなります。

保険を使うと等級は下がる

逆に保険を使用するとペナルティみたいなものとして等級は下がってしまします。

1年保険をしようせずにいられれば1等級上がるのに対し、事故によって保険を使用した場合には等級は3等級も下がってしまします。一回の事故で3年分・・・なかなか鬼畜ですがそれほど気を付けようということですね。

等級の下がるシステムは何パターンかあって

【3等級ダウン】

  • 相手を死傷させてしまう。・・・(対人損害保険
  • 相手の車や周りの物を壊してしまう。・・・(対物損害保険
  • 自分の車を壊してしまう。・・・(車両保険

【1等級ダウン】

  • 盗難や落書き、飛び石など、自分のせいではないものによる車の破損・・・(車両保険

【ノーカウント】

  • 自分や家族の怪我。(人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険

カッコに書いてある保険の種類をみてもらうと気づくのですが、事故によって使用した保険の種類に等級は関係しています。

保険を使用するのが対人、対物であったり自分のせいでの車両保険を使用。となると等級のペナルティも大きく、同じ車両保険でも飛び石や落書きなど、完全に自分のせいではないものですと保険をしようしても等級が1つダウンだけで済みます。

人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険のみをしようする場合の事故には等級は関係ないので次の年には等級はちゃんと上がることになります。

等級はリセットできる?

基本的に等級は引き継がれるものです。
保険会社を転々としてもそれは変わりません。
たとえばある一つの会社で保険に契約していて、事故などにより等級が3に減っていたとします。

そこで新しい保険会社と新たに契約すれば今等級が下がっているのもリセットされて6等級に戻るのでは?と思ったこともあるかもしれませんがそんなことはなく、保険会社同士では情報の共有が行われているので、保険会社を変えても等級は引き継がれます。

しかし等級は時間によってリセットができます。

メリット等級とデメリット等級

等級にはメリット等級デメリット等級の2種類の等級があります。

メリット等級は最初の6等級から20等級まで。

デメリット等級は1等級から5等級。

先ほど、時間によって等級をリセットすることが可能と書きましたが

メリット等級とデメリット等級ではリセットされるまでにかかる期間に大きく違いがあります。

実際にはメリット等級をリセットすることにメリットはありませんので、この場合はうっかりリセットしてしまった。という方が正しいのですが、メリット等級は、今まで契約していた保険が満了や解約した場合に次の保険の更新を忘れてしまった場合にリセットが発生してしまいます。
この期間は7日間
8日以上たってしまうと以前まで存在していた等級を引き継ぐことができなくなってしまします。

1週間という短い期間ですので気をつける必要があります。

逆にデメリット等級は7日間なんてものではありません。
デメリット等級は契約を解除、満了してから13ヶ月以内は等級は引き継がれます。

なので13ヶ月以上、14ヶ月目からはついに等級がリセットされて6等級から始められるのです。デメリット等級の期間が長いのはもちろんのことですがせっかくならメリット等級もそれくらい長くていいのに・・・と思うのは自分だけでしょうか

等級が下がると割引率が大幅に下がる

たとえば等級が11等級のAさんの保険料と事故を起こしてしまい保険を使用して3等級下がって11等級になったBさんの保険料。同じだと思いますか?

実は事故を起こして保険を使用し等級が下がってしまった場合の保険料の割引率は大幅に下がってしまいます。

なのでこの場合はBさんの保険料の方がAさんより高くなってしまうんですね。

その状態を「事故あり」と「事故なし」とに呼び分けられています。

等級

事故無し

事故有り

20

63%割引

44%割引

19

55%割引

42%割引

18

54%割引

40%割引

17

53%割引

38%割引

16

52%割引

36%割引

15

51%割引

33%割引

14

50%割引

31%割引

13

49%割引

29%割引

12

48%割引

27%割引

11

47%割引

25%割引

10

45%割引

23%割引

9

43%割引

22%割引

8

40%割引

21%割引

7

30%割引

20%割引

6

19%割引

5

13%割引

4

2%割引

3

12%割増

2

28%割増

1

64%割増

でもそれも一生その状態というわけではなく3年間「事故あり」の割引率の状態で保険を使うことなく過ぎれば4年目からは「事故なし」の等級として綺麗さっぱり元に戻ることになります。

しかしその間にまた事故を起こしてしまうとさらにそこから最長で6年間の「事故あり」状態が延長されます。

ちなみに6等級以下からは事故有りも事故無しも割引率に違いはありません。

関連ページ

強制保険と任意保険について
そもそも自動車保険とはなんでしょうか。 基本的に保険というものは、その保険に加入している人たちが少しずつお金を出し合って貯めていくことによって、偶然の不足の事態によって起きた事故でモノが壊れたり、怪我したり、死亡したりしたときに発生する多額の損害賠償など、自分一人では到底支払えない額をその時初めて補償してくれるものです。 ほかにも医療保険とか生命保険とか、病気した時の保険もありますが、今回は自動車保険の話。
自賠責保険(強制保険)について
自賠責保険とは簡単に言うと「他人のための保険」です。 というのも自賠責保険には自分の治療費や車のお金は一切保障されません。それに対物にもかかっていないので、完全に事故を起こして怪我や死亡させてしまった「人」に対して補償してくれる保険になります。
自賠責保険の慰謝料
自賠責保険の慰謝料基準とはいったいどういうことでしょうか? 自賠責保険は入通院慰謝料が1日4,200円と上限が決まっています。
自賠責保険の加入・更新について
自賠責保険は加入していないと50万の罰金や一発で免停などになります。自動車などは車検と同時に加入・更新をしてくれますが、原動付自転車や120~250ccのバイクなどは自分で更新しなければなりません。どこで加入・更新したほうがお得!などはありません。 自賠責保険はどこで加入・更新しても金額は同じです。 自賠責保険を扱うお店側も利益が出ないようにしなければならない決まりがあります
任意保険について
任意保険とは簡単に言うと絶対に入らなくても良いですが、入っておいたほうが良い保険です。 自賠責保険ではその車の持ち主と持ち主以外の人が運転していた場合はその人、以外の被害者に対して補償する保険です。 金額は死亡で3,000万円、傷害で120万円。 この額は実際だとかなり少なくて億を超える損害賠償なども十分あり得るので全然安心できないのです。 その最低限でしか補償してくれない自賠責保険の保障額を超えたものをしっかりとカバーしてくれるのが任意保険になります。
特約について
特約とは基本的な自動車保険の内容では補償しきれなかったり、内容的に抜けているところがあったりしている部分をカバーするためにオプションで追加したりするものです。対物賠償保険は補償額の上限が無制限などにも設定できますが、実は無制限でもその賠償するものの「時価」までしか賠償できないことは知ってましたか? 時価とは現時点でのその物の価格のことをいいます。 なのでクラシックカーなど、部品がもう作られていない車の修理などでは時価額を大きく超える修理費になることがあります。 その対物賠償保険では補償しきれない時価額を超えた補償をするのが対物超過補償特約です。 特約はオプションとして追加するものともとからセットでついているものがあります。
年齢条件特約 | 運転者限定特約について
年齢条件では運転者の年齢の設定を制限することによってその年齢に応じて保険料の割引率を変化させる制度です。 自動車保険は運転者の年齢によって事故のリスクが異なると言われており、運転者の年齢によって保険料の割引率を設定しています。運転者の年齢が若い人ほど事故のリスクは高いとされていますので割引率は低く、保険料は高くなります。
ファミリーバイク特約について
ファミリーバイク特約とは、自動車の任意保険に入っていれば付けられる特約で、バイクの排気量が125cc以下。原付や小型二輪(原付2種)などを乗った時の事故などを補償できる特約です。 ファミリーとついている通り、家族の誰かが自動車を持っていて任意保険にファミリーバイク特約をつけていたら、家族全員(運転できる人)がその特約の保険対象になります。 普段の任意保険などは自動車やバイク一台一台に保険をかけているものですが、このファミリーバイク特約はバイクではなく人(家族全員)にかける保険だというイメージだと分かりやすいです。 よって家族のだれでも、どのバイクを運転して事故を起こしても補償が受けられます。他人のバイクを借りて事故を起こした場合でも大丈夫です。
事故を起こしたときの対処法・流れ
万が一、事故を起こしてしまった場合の対処法や流れを知っておきましょう。 実際に事故を起こしてしまうとパニックになりやすいですが、頭に入っていることで少しでも冷静な対応ができるように。

ホーム RSS購読 サイトマップ