自動車、整備工場の車検 | 事故を起こした時

事故を起こしたときの対処法・流れ

交通事故を起こした時の対処法|車の保険

万が一、事故を起こしてしまった場合の対処法や流れを知っておきましょう。

実際に事故を起こしてしまうとパニックになりやすいですが、頭に入っていることで少しでも冷静な対応ができるように。

交通事故を起こした時の対処法には順序が大事。

単独事故でもですが、人身事故を起こしてしまった場合は特に対処の優先順位があります

これを迅速に行うことで人命の救助はもちろん、事故後のトラブルや、交通のトラブルなど、無用なトラブルを防ぐ効果もあります。

けが人がいないか確認をする。(被害者、自分も含め)

まず一番最初にけが人がいないかを第一に確認しましょう。
もしけが人がいた場合はけが人の救護を躊躇することなく行いましょう
具体的には救急車、119番を呼びましょう。

応急処置が必要な場合もあるかもしれません。

けが人がいる場合は即救急車、いない場合も警察に連絡。

救急に連絡をすると自動的に警察に連絡が行くようになっているのでその場合は大丈夫ですが、救急に連絡をしない場合は警察に必ず電話しましょう。
たまに警察には連絡しないでほしいなどと言われることもありますが、警察に届け出をしていなければ交通事故証明書と言う保険金を得るために必要になってくる書類を作れなくなります。

後悔しないためにも必ず警察に届出ましょう。

事故車を可能であれば通行の邪魔にならない道路脇などに移動。

事故現場は事故を起こした車の破片などや事故を起こした車自体が道路に放り出している状態になっているので、交通の邪魔になっていることが多く、二次災害が非常に起こりやすい状態になっています。

そのため二次災害の防止するために事故車は道路脇に移動しましょう。

事故現場の詳しい状況や細かい部分を写真に撮っておく。

事故の直後は、加害者も過失を認めても、後に言ってたことをひっくり返してきたりもします。
そんな時になんの証拠もないと泣きを見ることにもなりかねませんので、事故の現場で、どういう事故だったのか、どっちが悪かったのかなどと余裕が許す範囲で可能な限り記録や写真にとっておく必要があります。
自己の起きた場所というのはけっこう重要で、その場所によって過失の割合が変化したり、トラブルの原因になることもあります。
ですので車の止まっていた位置なども写真に残しておいたほうがいいでしょう。

何にしてもいろいろ撮れるだけ写真には撮っておいて損はありません。

目撃者がいれば連絡先などを聞いておく。

目撃者がいること自体に安心してなにもしてなかった。なんてことはありがちですが、しっかりと連絡先や証言者になってくれるかを伺いましょう。
これに関しても、加害者はそのときは自分の過失を認めていても、後に意見をひっくり返してくることがあります。

こういった時に目撃者はあの時いたが、連絡先は知らない。では目撃者はいないも同じですので、連絡先をもらうことは忘れないようにしましょう。

事故の相手の連絡先を聞いておく。

自分が被害者の場合は

  • 運転者の氏名、住所、連絡先(免許証なども見せてもらってください。嘘を言う場合もあります。)
  • 運転者の勤務先、連絡先
  • 自動車の持ち主の氏名、住所、連絡先
  • 加害者の運転免許と車検書、自賠責保険、任意保険の証明書

を確認する。

ちゃんと免許証などを照らし合わせてメモや写真をとっておきましょう。

運転者と自動車の所有者が違うこともあります。

その場合は後に賠償の請求相手がかわってくることがあるので注意して確認をしましょう。

保険会社に電話。

自分の契約している保険会社に事故の状況などを報告します。
ちゃんと報告していないとあとで保険金の支払いがもらえないこともあります。

100%相手の過失だと思っていた場合も、後々に過失割合は確定するので現段階では決め付けないでおきましょう。

大丈夫だと思っても病院に行って診断を受ける。

事故にあったときは突然のこともあり、かなり興奮、脳みそもパニックになっている状態です。
そのため、もしどこか負傷していたとしても痛みがないために気がつかないことも少なくありません。

数日たって痛みが出てきて、病院にいっても事故との因果関係を否定される可能性など少なからずトラブルの元になります。

病院ではレントゲン、CT、MRIなどの検査を受け症状は全てお医者さんに伝えて診断書にも全部記載してもらいましょう。後遺障害の認定となると、事故が起きてからすぐの症状と一貫性がないといけません。診断書の記載内容は重要な部分になります。
警察に届ける前にコピーをとるのも忘れないようにしましょう。

そのときは大丈夫!と思っていても必ず病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。

交通事故は無いにこしたことはないけれど…

こういった知識は実際には使うことがないに越したことはありません。

ですが長い人生、車の運転をしていて事故に遭遇する、事故を起こす可能性は捨てきれませんので、万が一のことも考えて、万全の状況で対応できるようになっておかなければなりません。

以上のポイントを押さえて、その時の自分にできるだけ適切な対応、対処を行ってください。

関連ページ

強制保険と任意保険について
そもそも自動車保険とはなんでしょうか。 基本的に保険というものは、その保険に加入している人たちが少しずつお金を出し合って貯めていくことによって、偶然の不足の事態によって起きた事故でモノが壊れたり、怪我したり、死亡したりしたときに発生する多額の損害賠償など、自分一人では到底支払えない額をその時初めて補償してくれるものです。 ほかにも医療保険とか生命保険とか、病気した時の保険もありますが、今回は自動車保険の話。
自賠責保険(強制保険)について
自賠責保険とは簡単に言うと「他人のための保険」です。 というのも自賠責保険には自分の治療費や車のお金は一切保障されません。それに対物にもかかっていないので、完全に事故を起こして怪我や死亡させてしまった「人」に対して補償してくれる保険になります。
自賠責保険の慰謝料
自賠責保険の慰謝料基準とはいったいどういうことでしょうか? 自賠責保険は入通院慰謝料が1日4,200円と上限が決まっています。
自賠責保険の加入・更新について
自賠責保険は加入していないと50万の罰金や一発で免停などになります。自動車などは車検と同時に加入・更新をしてくれますが、原動付自転車や120~250ccのバイクなどは自分で更新しなければなりません。どこで加入・更新したほうがお得!などはありません。 自賠責保険はどこで加入・更新しても金額は同じです。 自賠責保険を扱うお店側も利益が出ないようにしなければならない決まりがあります
任意保険について
任意保険とは簡単に言うと絶対に入らなくても良いですが、入っておいたほうが良い保険です。 自賠責保険ではその車の持ち主と持ち主以外の人が運転していた場合はその人、以外の被害者に対して補償する保険です。 金額は死亡で3,000万円、傷害で120万円。 この額は実際だとかなり少なくて億を超える損害賠償なども十分あり得るので全然安心できないのです。 その最低限でしか補償してくれない自賠責保険の保障額を超えたものをしっかりとカバーしてくれるのが任意保険になります。
特約について
特約とは基本的な自動車保険の内容では補償しきれなかったり、内容的に抜けているところがあったりしている部分をカバーするためにオプションで追加したりするものです。対物賠償保険は補償額の上限が無制限などにも設定できますが、実は無制限でもその賠償するものの「時価」までしか賠償できないことは知ってましたか? 時価とは現時点でのその物の価格のことをいいます。 なのでクラシックカーなど、部品がもう作られていない車の修理などでは時価額を大きく超える修理費になることがあります。 その対物賠償保険では補償しきれない時価額を超えた補償をするのが対物超過補償特約です。 特約はオプションとして追加するものともとからセットでついているものがあります。
年齢条件特約 | 運転者限定特約について
年齢条件では運転者の年齢の設定を制限することによってその年齢に応じて保険料の割引率を変化させる制度です。 自動車保険は運転者の年齢によって事故のリスクが異なると言われており、運転者の年齢によって保険料の割引率を設定しています。運転者の年齢が若い人ほど事故のリスクは高いとされていますので割引率は低く、保険料は高くなります。
任意保険 | 等級について
毎年支払う自動車保険料、その料金を決める大きな要素の一つとして等級というものがあります。 まず最初に自動車保険に入ると等級が振り分けられます。毎年の保険料の判断材料の一つとして被保険者のステータスとなります。 等級というのはゲームのレベルみたいなものでレベルが高いほうが良いのと同じく、等級が上がれば上がるほど良いものになります。 なにが良いのかというと等級が上がっていくほど保険料がどんどん安くなっていきます。 等級は最高が20等級までなのですが、20等級までいくと保険料の割り引き率が63%までになります。
ファミリーバイク特約について
ファミリーバイク特約とは、自動車の任意保険に入っていれば付けられる特約で、バイクの排気量が125cc以下。原付や小型二輪(原付2種)などを乗った時の事故などを補償できる特約です。 ファミリーとついている通り、家族の誰かが自動車を持っていて任意保険にファミリーバイク特約をつけていたら、家族全員(運転できる人)がその特約の保険対象になります。 普段の任意保険などは自動車やバイク一台一台に保険をかけているものですが、このファミリーバイク特約はバイクではなく人(家族全員)にかける保険だというイメージだと分かりやすいです。 よって家族のだれでも、どのバイクを運転して事故を起こしても補償が受けられます。他人のバイクを借りて事故を起こした場合でも大丈夫です。

ホーム RSS購読 サイトマップ