自動車、整備工場の車検 | ファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約について

ファミリーバイク特約とは?|条件次第で何倍にもお得になるファミリーバイク特約

ファミリーバイク特約っていったいどういったものなの?バイクの任意保険に比べてお得ってよくきくけど実際どうなの?

こういった疑問に対して、ファミリーバイク特約に関する、詳しい内容・注意点・メリット・デメリットなどについてご紹介していきます。

ファミリーバイク特約ってこんなサービス

ファミリーバイク特約とは、自動車の任意保険に入っていれば付けられる特約で、バイクの排気量が125cc以下。原付や小型二輪(原付2種)などを乗った時の事故などを補償できる特約です。

ファミリーとついている通り、家族の誰かが自動車を持っていて任意保険にファミリーバイク特約をつけていたら、家族全員(運転できる人)がその特約の保険対象になります。

普段の任意保険などは自動車やバイク一台一台に保険をかけているものですが、このファミリーバイク特約はバイクではなく人(家族全員)にかける保険だというイメージだと分かりやすいです。

よって家族のだれでも、どのバイクを運転して事故を起こしても補償が受けられます。他人のバイクを借りて事故を起こした場合でも大丈夫です。

ファミリーバイク特約の補償内容

ファミリーバイク特約はそもそも、任意保険に入っていないと加入することのできない特約になっています。

そして対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険は任意保険の補償内容と同じ補償が受けられます。そのため契約している任意保険の補償内容に準じてきます。

契約中の自動車の任意保険の対人、対物損害保険の限度額が無制限なら、ファミリーバイク特約でも無制限で補償が受けられるということです。

しかし、搭乗者傷害保険はファミリーバイク特約には入っていません。

補償内容
対人損害保険 ・・・ 契約中の自動車保険と同じ内容
対物損害保険 ・・・ 契約中の自動車保険と同じ内容
搭乗者傷害保険 ・・・ なし
自損事故保険 ・・・ 契約中の自動車保険と同じ内容

任意保険の種類について

ファミリーバイク特約は大きく分けて2種類

ファミリーバイク特約には自損タイプと人身タイプの2種類があります。

加入するときこの2種類のどちらかを選ぶわけですが、当然補償内容、保険料ともに違いがあります。

どっちがどんな補償内容か…よくわからないままなんとなく選んでいたら、いざという時大変なことになるかもしれません。

しっかりとタイプ別の特徴を掴んでおきましょう。

先に言っておくと、相手への補償は自損タイプも人身タイプも変わりありません。

この2種類のタイプの特徴の違いは自分への補償の内容の手厚さと保険料金です。

事故を起こしたときに自分自身に降りかかる損害をどう補償してくれるかをタイプ別に説明します。

自損タイプ

自損タイプは、自分への補償を自損事故か100%自分の過失での事故の場合、無保険車の相手との事故の場合、要するに支払う者が自分しかいない場合に自分への治療費や入院費などの一定額を補償してくれるタイプです。

例えば一人で滑って転倒したという場合でも治療費や入院費などの補償は受けられます。

このパターン以外では補償は受けられません。例えば相手の車との接触事故で自分が70%、相手が30%の過失だった場合。30%は相手の保険(対人・対物損害保険など)で補償が受けられますが、70%の自分の過失分はどこからも補償が受けられないので自腹となります。

人身タイプ

人身タイプは自損タイプのように100%自分の過失がある場合はもちろん、相手がいる事故で、過失割合が分散していても、その過失割合に関係なく治療費や入院費など全額補償されるタイプです。

こちらはそもそも、契約している自動車保険が人身傷害保険に入っていなければ入れないのが一般的です。

自損タイプに比べて年間で1~2万程度保険料が高くなるので、もともと保険料を安くしようとしてファミリーバイク特約を選んだ人にはあまり選ばれないかもしれません。
しかし、損害の大きな事故を起こしてしまった場合などは自損タイプの補償では全然足りないなんてことにもなりえます。

その時、人身タイプにしておけばよかったなんて思う日がくるかもしれません。

自損と人身、実際どっちがいいの?

このように相手がいる事故(過失100%ではない)である場合は自損タイプは補償が受けられなかったり、人身タイプの補償は相手がいてもいなくても全額補償が出る、など自損タイプに比べて補償が手厚いです

しかし、その分人身タイプの方が自損.タイプに比べて年間で1万~2万ほど保険料金が高くなります。

任意保険よりも安い保険を探してファミリーバイク特約に入ろうかと悩んでいる人にとって、自損タイプと人身タイプでこれだけ金額がかわるともはや本末転倒な感じもして、じゃあ自損・・・って思う方も少なくないかもしれません。

しかし、自分以外の家族が125cc以下のバイクを乗る場合、つまりより多くの人数が乗るのでしたら、万が一のことを考えて人身タイプにしていても十分お得で補償の強さもあるので安心も出来るのではないかと思います。

安やで言えば自損、手厚さで言えば人身ですが、保険はある意味安心を買うもの。バイクに乗る頻度、バイクに乗る家族の人数、運転者の技術や事故率などを計算に入れて、自損タイプか人身タイプを選ぶようにしてください。

任意保険との違い

ファミリーバイク特約とバイクの任意保険、どちらにしようか悩むとき。

結局ファミリーバイク特約とバイクの任意保険ってなにがどう違うの?となると思います。

バイクの任意保険の補償内容や限度額はその任意保険によって決められますが、ファミリーバイク特約はそもそも契約中の自動車保険の特約ですので、その自動車保険の限度額などに左右されるものなどもあります。

他にもバイクの任意保険には搭乗者傷害保険はありますが、ファミリーバイク特約にはつけることができません。

補償内容以外にも違いはあります。

これもそもそもの話ですが、ファミリーバイク特約は125cc以下のバイクにしか補償が適用されないので、それ以上のバイクを運転するとなるとバイクの任意保険をつけるしかありません。

ファミリーバイク特約はつけると家族のだれでも(運転できる人)に補償がつくのもあって年齢制限がありません。つまり年齢制限による割引制度そのものもないということになりますし、年齢が若いからといって保険料が高くなるということもなくなるので若い人には保険料はとても安くなります

それと等級もファミリーバイク特約には存在しません。年齢制限と同じで等級による割引制度自体がないので安くなっていくことはありませんが、かわりに事故を起こした時に等級が下がって保険料が高くなる…ということも、等級そのものが存在しないのでないです。
もちろんバイクの任意保険にはありますよ。

ずっと事故なく乗っていけば保険料は安くなっていきますし、事故を起こしてしまえば等級が下がって保険料は高くなってしまいます。

そしてファミリーバイク特約は事故を起こして補償を受けてしまっても契約している自動車保険の等級には一切干渉しません

何度事故を起こしてしまっても自動車の方の等級はひとつも下がらないのです。もともとが安めの設定なのでこれは良い条件と言えるでしょう。

例えば、自分自身は今まで事故を起こしたことがなく、安全運転に自信がある(可能性の話)が、最近バイクに乗りだしたばかりの息子はまだまだ危なっかしく、不安だ。なんていう場合にはファミリーバイク特約の方がおすすめでしょう。

自分自身しかバイクに乗ることがなく、これから長い間バイクを乗っていこうとしている人は任意保険のほうがいいでしょう。

等級について

-

ファミリーバイク特約

バイクの任意保険

対人損害保険

契約中の自動車保険に準ずる

1000万~無制限

対物損害保険

契約中の自動車保険に準ずる

1000万~無制限

搭乗者傷害保険

なし

あり

排気量制限

125cc以下のみ

制限なし

年齢制限

制限なし

契約内容によってはあり

等級

なし

あり

契約対象車

なし(125ccならどのバイクでも)

契約内容によってはあり

ファミリーバイク特約のメリット

  • 保険料が安い場合が多い。
  • 家族の誰でも何人でも補償対象。125cc以下のバイクなら何台でも補償。
  • 125cc以下であればどのバイクをのっても補償対象。
  • 事故を起こしても自動車任意保険の等級は下がらない。
  • 年齢制限がないので若い人には特に安い。

ファミリーバイク特約のデメリット

  • 必ずしも安いというわけではない。

※一人しかバイクに乗らずにバイクの任意保険で年齢制限割引や無事故で等級が上がっていけば、ファミリーバイク特約よりも全然安くなります。

  • 排気量が125ccまで。
  • 等級による割引はないのでずっと乗っても保険料は安くならない。
  • 年齢による割引もないので歳をとっても保険料は変わらず。
  • ロードサービスがない。
  • そもそも車を持っていないと加入できない。

こういう人はファミリーバイク特約をおすすめ

  • 家族で2台以上のバイクを所有・運転する

バイク一台一台に保険をかける必要がないので保険料は断然に安くなります。

  • 年齢が若い人(~21歳くらいまで)

任意保険だと若い人の保険料はめちゃくちゃ高いです。(3~4万くらい)

それが1万くらいになります。(しかも家族で使用できる)

  • 事故を起こす自信のある人

そもそもバイクに乗ること自体をおすすめしませんが、事故をよく起こしそうだな・・・と思う人はファミリーバイク特約のほうがいいでしょう。

自分で自信がないだけでなく、家族内で不安な人がいる場合でも同じことが言えます。

  • 人のバイクを乗る機会が多い人

ファミリーバイク特約はバイク自体に保険をかけているわけではないのでどのバイクでも(125cc以下であれば)補償が受けられます。

こういう人は任意保険をおすすめ

  • 家族でバイクを乗る人がいない

家族の何人でも何台でも、という点がファミリーバイク特約の安さのポイントだと思います。

自分ひとりしかバイクは運転しないよ、という方は任意保険のほうが後々いいかもしれません。

  • 今後125cc以上のバイクを乗ろうと思ってる・乗る可能性がある人

ファミリーバイク特約は125ccまでのバイクしか補償されませんので、125cc以上のバイクに乗り換えたいな…となれば必然的にファミリーバイク特約をやめて任意保険に入らなければなりません。

その際、任意保険は新規で入らなければならないので最初からになります。

  • バイクを長く乗っていこうと思っている人(無事故の場合)

長く無事故でバイクに乗っていると、等級が上がっていき保険料もどんどん安くなっていきます。(事故を起こして補償を受ければ等級は下がる)
もともと事故を起こす気満々の人はあまりいないと思うので長く乗る人は後々安くなるのを見計らって任意保険をおすすめします。

※一人でバイクに乗る方など

  • 26歳以上の人(無事故の場合)

年齢制限割引をすることによって保険料は格段に安くなっていきます。
等級制度も相まって26歳でもかなり安く、30歳までいくとほとんど任意保険の方が安くなっていますのでおすすめです。

※一人でバイクに乗る方など

  • ロードサービス・補償を十分に受けたい人

ファミリーバイク特約は安い分、ロードサービスが受けられないなど、安いだけの理由があります。
もしファミリーバイク特約でインキーや故障などをおこした場合は実費でJAFなどに連絡しなければなりません。
そういったサービスや十分な補償を受けたいのであれば任意保険の方がおすすめです。

関連ページ

強制保険と任意保険について
そもそも自動車保険とはなんでしょうか。 基本的に保険というものは、その保険に加入している人たちが少しずつお金を出し合って貯めていくことによって、偶然の不足の事態によって起きた事故でモノが壊れたり、怪我したり、死亡したりしたときに発生する多額の損害賠償など、自分一人では到底支払えない額をその時初めて補償してくれるものです。 ほかにも医療保険とか生命保険とか、病気した時の保険もありますが、今回は自動車保険の話。
自賠責保険(強制保険)について
自賠責保険とは簡単に言うと「他人のための保険」です。 というのも自賠責保険には自分の治療費や車のお金は一切保障されません。それに対物にもかかっていないので、完全に事故を起こして怪我や死亡させてしまった「人」に対して補償してくれる保険になります。
自賠責保険の慰謝料
自賠責保険の慰謝料基準とはいったいどういうことでしょうか? 自賠責保険は入通院慰謝料が1日4,200円と上限が決まっています。
自賠責保険の加入・更新について
自賠責保険は加入していないと50万の罰金や一発で免停などになります。自動車などは車検と同時に加入・更新をしてくれますが、原動付自転車や120~250ccのバイクなどは自分で更新しなければなりません。どこで加入・更新したほうがお得!などはありません。 自賠責保険はどこで加入・更新しても金額は同じです。 自賠責保険を扱うお店側も利益が出ないようにしなければならない決まりがあります
任意保険について
任意保険とは簡単に言うと絶対に入らなくても良いですが、入っておいたほうが良い保険です。 自賠責保険ではその車の持ち主と持ち主以外の人が運転していた場合はその人、以外の被害者に対して補償する保険です。 金額は死亡で3,000万円、傷害で120万円。 この額は実際だとかなり少なくて億を超える損害賠償なども十分あり得るので全然安心できないのです。 その最低限でしか補償してくれない自賠責保険の保障額を超えたものをしっかりとカバーしてくれるのが任意保険になります。
特約について
特約とは基本的な自動車保険の内容では補償しきれなかったり、内容的に抜けているところがあったりしている部分をカバーするためにオプションで追加したりするものです。対物賠償保険は補償額の上限が無制限などにも設定できますが、実は無制限でもその賠償するものの「時価」までしか賠償できないことは知ってましたか? 時価とは現時点でのその物の価格のことをいいます。 なのでクラシックカーなど、部品がもう作られていない車の修理などでは時価額を大きく超える修理費になることがあります。 その対物賠償保険では補償しきれない時価額を超えた補償をするのが対物超過補償特約です。 特約はオプションとして追加するものともとからセットでついているものがあります。
年齢条件特約 | 運転者限定特約について
年齢条件では運転者の年齢の設定を制限することによってその年齢に応じて保険料の割引率を変化させる制度です。 自動車保険は運転者の年齢によって事故のリスクが異なると言われており、運転者の年齢によって保険料の割引率を設定しています。運転者の年齢が若い人ほど事故のリスクは高いとされていますので割引率は低く、保険料は高くなります。
任意保険 | 等級について
毎年支払う自動車保険料、その料金を決める大きな要素の一つとして等級というものがあります。 まず最初に自動車保険に入ると等級が振り分けられます。毎年の保険料の判断材料の一つとして被保険者のステータスとなります。 等級というのはゲームのレベルみたいなものでレベルが高いほうが良いのと同じく、等級が上がれば上がるほど良いものになります。 なにが良いのかというと等級が上がっていくほど保険料がどんどん安くなっていきます。 等級は最高が20等級までなのですが、20等級までいくと保険料の割り引き率が63%までになります。
事故を起こしたときの対処法・流れ
万が一、事故を起こしてしまった場合の対処法や流れを知っておきましょう。 実際に事故を起こしてしまうとパニックになりやすいですが、頭に入っていることで少しでも冷静な対応ができるように。

ホーム RSS購読 サイトマップ