自動車、整備工場の車検 | 任意保険の特約

特約について

自動車任意保険の特約について|主な特約を紹介・解説

インテリア

特約とは基本的な自動車保険の内容では補償しきれなかったり、内容的に抜けているところがあったりしている部分をカバーするためにオプションで追加したりするものです。

特約はオプションとして追加するものともとからセットでついているものがあります。

任意保険特約|相手のための特約

対物超過補償特約

対物賠償保険は補償額の上限が無制限などにも設定できますが、実は無制限でもその賠償するものの「時価」までしか賠償できないことは知ってましたか?

時価とは現時点でのその物の価格のことをいいます。

なのでクラシックカーなど、部品がもう作られていない車の修理などでは時価額を大きく超える修理費になることがあります。

その対物賠償保険では補償しきれない時価額を超えた補償をするのが対物超過補償特約です。

任意保険特約|自分のための特約

免責ゼロ特約

車両保険では車の修理などその修理代がいくらかかるとしても、自己負担額として5~10万くらいの決められた額は自分で払わないといけません。
よく、車両保険を使わないほうがいいと言われるのはこのためですが。例えば6万の修理費がかかるとして、自己負担額が5万、残りの1万を車両保険で賄うとなると、とてももったいないです。

車両保険を使用することによって等級が下がり保険料の支払いもUPするので、逆に損をするのです。

免責ゼロ特約はこの自己負担額というのをゼロ円にする特約のことをいいます。

これにより修理費用の全額を車両保険で賄えるということになります。

全てのパターンによる修理費を補償する免責ゼロ特約だけでなく、免責ゼロ特約にも様々な種類があり、いたずら→車、車→車など。
パターンを制限することによって保険料金を安くすることもできます。

用途に合わせて自分に合った条件にするといいでしょう。

新車買替特約

これも車両保険に関する特約ですが、新車に限り付けることのできる特約です。
新車を買っていちばん最初に保険を登録してから〇〇ヶ月以内(各会社による期間内)であれば付けることができます。

その場合中古車でも期間内であれば加入できます。

これは新車が事故などで修理できないくらい壊れてしまった場合や、修理費が車両保険の限度額以上になる場合、修理費が新車の価格の50%を超えるほどになってしまった場合などに使うことができます。

逆に言うとその条件に満たない故障であればこの特約は受けることができません。

※細かな条件などは各保険会社によって様々なので、各保険会社に確認をお願いします。

買ったばかりの新車がいきなり壊れたらショックですもんね。そういう新車を買ったばかりの方にはおすすめの特約です。

もちろん車両保険をつけていないと新車買替特約もつけることはできません。

それと盗難では補償されないので注意が必要です。

あくまで事故などで修理が必要な車が存在して、それを買い換えることとなった場合の特約となっているためです。

整形手術費用補償特約

基本の搭乗者傷害保険や人身傷害保険で補償される範囲は、事故で怪我をしてしまった治療までです。

例えば

怪我は治ったけど傷跡が残った。その傷跡を消す手術費用 → 補償されない。個人負担

このような補償範囲になっているのです。

整形手術費用補償特約ではその傷跡を消す手術費用を補償するための特約となってます。

なので整形手術費用補償特約を付けるには、搭乗者傷害保険か人身傷害保険のどちらかは入っていないと付けることはできません。

女性向けのプランとして紹介されることが多い特約ですが、最近では男性にも重要なポイントとなる特約かもしれません。

示談交渉サービスと弁護士費用補償特約

事故を起こして加害者などになった場合は損害賠償を支払うことになります。その際対人賠償保険だったり対物賠償保険を使用しますが、過失はどれだけあるのか?賠償責任はどこまでか?など賠償、補償の詳しい話し合いや交渉を加害者と被害者の間で行わなかればなりません。
これを示談交渉と言い、加害者と被害者の示談交渉を行うこととなりますが、それを本人同士で行うのであればとても時間もかかり、知識も必要となってくるので大変です。

それを、保険会社が代わりに示談交渉をしてくれたり、弁護士に依頼してくれたりサポートしてくれるサービスを示談交渉サービスといいます。

この示談交渉サービスは普段の保険にもともとセットでついているのが一般的です。

しかしこの示談交渉サービスはこちらが被害者、過失0%の場合に限り、使うことができません。

過失が0%ということは賠償責任がないということなので、対人賠償保険や対物賠償保険を使用しないことになります。よって保険が使えないのでその保険についてくるサービスも使えないということになるのです。

その場合自分で弁護士に依頼したり、自分で示談交渉しなければならないということになります。
そうなったときに困るので、弁護士費用補償特約が役に立ちます。
弁護士を雇う費用や法律相談などの費用も補償されるので被害者でも弁護士を通しての示談交渉がスムーズになります。
弁護士の費用は高額ですし、弁護士を探す時間もこの特約ではサポートしてくれるのでとても便利です。

ちなみに過失がある場合でも使用可能なのでとても使い勝手の良い特約になります。

任意保険特約|自動車自体には関係しない事故でも補償

個人賠償責任特約

交通事故や自動車事故意外の、日常生活でのトラブルや事故で賠償責任を問われた時に発揮する特約です。

これは契約した本人とその家族(別居の未婚の子も含む)まで補償範囲となるので非常に便利です。

例えば契約者本人の家族が自転車事故をおこして加害者になってしまい、被害者を死亡させてしまって1億近い賠償責任を負うこととなってしまった。

などと、最近このような自転車による事故の例が注目されています。

この場合、加害者が未成年であっても賠償責任はあって、免れることはありません。

ほかにもペットが通行人に怪我をさせてしまった場合や、昔の漫画みたいにボールで窓ガラスを割ってしまった場合などにも補償がでます。

補償金額は3,000万~1億や無制限など設定できるものもありますが、一億を超える損害賠償も発生しているので、一億以上か無制限の補償内容にしておくほうがいいかもしれません。

要注意としてはこの特約は自動車保険以外にも付けられるものがいっぱいあり、重複した場合は2つ使えるわけではなく、単純に無駄になってしまう為、他の保険などに入っていないか確認しましょう。
※他の保険などによっては個人賠償責任特約と呼ばれていない可能性もあります。

名前が違うだけで同じもの可能性もあるので似たような内容の補償であればよく確認するようにしましょう。

ファミリーバイク特約

50cc~125ccまでのバイクに限り、自動車保険を契約した本人とその家族の運転するバイクにつけることのできる特約です。
普通のバイク保険より安くできるという点と、何台でも付けられるという点で金銭的にメリットがあります。
補償内容は対人損害、対物損害の基本的な補償に始め、自身の補償である人身傷害保険をつけることもできますが、補償を手厚くすればその分保険料金も上がります。
金額は確かに普通のバイク保険よりも安くなりますが、その分ロードサービスがなかったり、補償内容も少し弱かったりします。

家族でたくさんの原付やバイクを所有しているなどであればかなりオススメできますし、一台でも良い特約だと思いますが、バイク保険との内容をよく比較して自分に適した方を選ぶようにしてください。

※保険会社によって内容は様々ですので各保険会社にご確認ください。

任意保険特約|制限することによって金額を抑える特約

運転者限定特約

運転者を限定することによって(正確には補償を受けられる人を限定)保険料を割引する特約です。

運転者限定特約

運転する人の範囲

金額

限定しない

  • だれでも

yazirusi

家族限定

  • 本人
  • その配偶者
  • 同居している親族
  • 別居している未婚の子

本人・配偶者限定

  • 本人
  • その配偶者

本人限定

  • 本人のみ

本人限定にすると契約者本人以外の事故では補償が出ませんが、この中では一番割引率が大きな範囲になります。
限定なしは運転者限定特約を付けてないということです。

家族限定では、別居の未婚の子も範囲に入ります。※保険会社によって別居の未婚の子の取り扱いは様々です。詳細は各保険会社までご確認お願いします。

割引率は保険会社によって様々ですので各保険会社にご確認お願いしますが、だいたい一番範囲の狭い本人限定の場合でも4~6%の割引率にしかならず、家族限定などに至っては1%くらいしかないので、本当にその人だけしか乗らない車(完全趣味のひとつ乗りの車とか展示用とか)以外では逆に足枷になる可能性もある特約だと思います。

年齢条件特約

これも運転者の年齢を制限することによって、保険料を割引する特約です。

これは年齢がその条件を超えてさえいれば運転者の限定はないのでだれでも補償が受けられます。
もちろん年齢が条件よりも若ければ補償は受けられないのですが、別居の未婚の子と知人・友人に至っては補償を受けることができることが多いです。
普段その車を運転することがない人が運転しての事故なので年齢条件に当てはまらなくても補償が受けられるようになっている為です。

ただし、例えば会社の従業員など、普段その車に乗ってもおかしくない人に関しては年齢条件に満たしていなければ補償はされません。

年齢条件では

  • 全年齢補償
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償

などがあり、一般的に年齢が高くなるにつれて割引率は増加し、保険料は安くなります。

年齢条件

内容

実際の保険料

年齢条件なし(全年齢) 運転者の年齢は関係なく補償されます。

yazirusi

21歳以上補償 21歳以上の運転者が補償されます。
26歳以上補償 26歳以上の運転者が補償されます。
30歳以上補償 30歳以上の運転者が補償されます。
35歳以上補償 35歳以上の運転者が補償されます。

これは年齢が若い人の方が事故を起こす確率が高いというデータを元にされています。
事故を起こす確率が高い人がより多く保険料を支払う。事故を起こす確率の低い人はより保険料は少なくなるという風な仕組みになっています。


関連ページ

強制保険と任意保険について
そもそも自動車保険とはなんでしょうか。 基本的に保険というものは、その保険に加入している人たちが少しずつお金を出し合って貯めていくことによって、偶然の不足の事態によって起きた事故でモノが壊れたり、怪我したり、死亡したりしたときに発生する多額の損害賠償など、自分一人では到底支払えない額をその時初めて補償してくれるものです。 ほかにも医療保険とか生命保険とか、病気した時の保険もありますが、今回は自動車保険の話。
自賠責保険(強制保険)について
自賠責保険とは簡単に言うと「他人のための保険」です。 というのも自賠責保険には自分の治療費や車のお金は一切保障されません。それに対物にもかかっていないので、完全に事故を起こして怪我や死亡させてしまった「人」に対して補償してくれる保険になります。
自賠責保険の慰謝料
自賠責保険の慰謝料基準とはいったいどういうことでしょうか? 自賠責保険は入通院慰謝料が1日4,200円と上限が決まっています。
自賠責保険の加入・更新について
自賠責保険は加入していないと50万の罰金や一発で免停などになります。自動車などは車検と同時に加入・更新をしてくれますが、原動付自転車や120~250ccのバイクなどは自分で更新しなければなりません。どこで加入・更新したほうがお得!などはありません。 自賠責保険はどこで加入・更新しても金額は同じです。 自賠責保険を扱うお店側も利益が出ないようにしなければならない決まりがあります
任意保険について
任意保険とは簡単に言うと絶対に入らなくても良いですが、入っておいたほうが良い保険です。 自賠責保険ではその車の持ち主と持ち主以外の人が運転していた場合はその人、以外の被害者に対して補償する保険です。 金額は死亡で3,000万円、傷害で120万円。 この額は実際だとかなり少なくて億を超える損害賠償なども十分あり得るので全然安心できないのです。 その最低限でしか補償してくれない自賠責保険の保障額を超えたものをしっかりとカバーしてくれるのが任意保険になります。
年齢条件特約 | 運転者限定特約について
年齢条件では運転者の年齢の設定を制限することによってその年齢に応じて保険料の割引率を変化させる制度です。 自動車保険は運転者の年齢によって事故のリスクが異なると言われており、運転者の年齢によって保険料の割引率を設定しています。運転者の年齢が若い人ほど事故のリスクは高いとされていますので割引率は低く、保険料は高くなります。
任意保険 | 等級について
毎年支払う自動車保険料、その料金を決める大きな要素の一つとして等級というものがあります。 まず最初に自動車保険に入ると等級が振り分けられます。毎年の保険料の判断材料の一つとして被保険者のステータスとなります。 等級というのはゲームのレベルみたいなものでレベルが高いほうが良いのと同じく、等級が上がれば上がるほど良いものになります。 なにが良いのかというと等級が上がっていくほど保険料がどんどん安くなっていきます。 等級は最高が20等級までなのですが、20等級までいくと保険料の割り引き率が63%までになります。
ファミリーバイク特約について
ファミリーバイク特約とは、自動車の任意保険に入っていれば付けられる特約で、バイクの排気量が125cc以下。原付や小型二輪(原付2種)などを乗った時の事故などを補償できる特約です。 ファミリーとついている通り、家族の誰かが自動車を持っていて任意保険にファミリーバイク特約をつけていたら、家族全員(運転できる人)がその特約の保険対象になります。 普段の任意保険などは自動車やバイク一台一台に保険をかけているものですが、このファミリーバイク特約はバイクではなく人(家族全員)にかける保険だというイメージだと分かりやすいです。 よって家族のだれでも、どのバイクを運転して事故を起こしても補償が受けられます。他人のバイクを借りて事故を起こした場合でも大丈夫です。
事故を起こしたときの対処法・流れ
万が一、事故を起こしてしまった場合の対処法や流れを知っておきましょう。 実際に事故を起こしてしまうとパニックになりやすいですが、頭に入っていることで少しでも冷静な対応ができるように。

ホーム RSS購読 サイトマップ